ナゼ家出少女達は家を出るのか?

ここにはたくさんの家出娘たちがいます。こんなに集まると、社会問題にならないのかと利用する私たちが心配してしまうほどです。
しかし、彼女たちは彼女たちなりの深い理由があって、家を出ています。そのほとんどが家庭問題であり、学校や両親では相談にのってもらえないと彼女達が判断を下した結果なのです。
では、彼女達の家庭には、一体、どのような問題があるのでしょうか?
家庭や学校が楽しく、何も問題がなければ、彼女達はきっと家を出ることはなかったでしょう。しかし、実際に彼女達は家出中なのです。
家庭では勉強や生活態度のことなどを口うるさく注意されることもあったでしょう。本人なりに一生懸命努力しているつもりでも、親や先生の期待値まで届かなかった時には、納得いかない理由で叱られることもあったかもしれません。彼女達は異性関係にも目覚める年代ですから、交際相手についても口出しされることもあるでしょう。
たとえ両親は子供にとって良い親だったとしても、共働きだったりすれば、じっくり話を聞いてもらえるだけの時間がなかったのかもしれませんね。
つまり、彼女達は、自宅にいては自分を理解してくれる大人に出会えないのです。
最近の女の子は、低年齢でも身体つきは大人並みです。しかし、精神的にはまだまだ大人の助けが必要なのです。まだまだ甘えたいんですよね。
大人達が子供とじっくり向き合ってくれない、向き合う時間がとれない家庭環境。
これらは今の日本の社会が作り出してしまった環境ではないでしょうか。日本の経済状態が良くならない限り、家出娘はこれからも増え続けるのかもしれませんね。

家出少女達プチ家出考=いじめのせい?

大人の社会も大変ですが、子供の社会だって大変です。特に子供の方が残酷な事だってありますよね。
例えばいじめを見てもそれは顕著ですよね。ターゲットは同じ子供だけとは限りません。生徒が教師をいじめたり、
ホームレスを殴ったりといろいろ社会問題にまで発展しています。そして友達同士だっていじめはあるのです。
昨日まで普通に笑いあっていた友達から、突然理由も分からずいじめられたり、また自分はいじめなんかしたくないのに、いじめなかったら今度は
自分がいじめられてしまうから・・・・とイジメに加担してしまったり、見て見ぬふりをしたりと、子供の日常だってストレスはたくさんあるのです。

ですから、もし自分の子供が「学校に行きたくない」と言い出したら
「サボろうと思って・・・・・さっさと学校に行きなさい」と無理やり学校に行かす事が解決には繋がりません。

最近元気がない、制服が汚れている、モノを無くす、○○を買うからお金頂戴とお金を求める・・・・そんな事が当てはまるのなら
もしかしてイジメられているのかしれません。もちろん直接「もしかしてイジメられてるの?」と親が聞いたところで
子供は自分がイジメられている事を恥ずかしいと隠そうとするので
「そうだ」とは言わないでしょう。
それでも親は子供を守る義務がありますよね。それが出来ない大人が増え、子供は家庭にも居場所がないと感じ、家出をするのかもしれません。

家出少女達やましい気持ちはないわけではない

下心だらけに決まっています。
誰だって本音はそうでしょう?
だって、なにもうま味がないのならば面倒なのに他人を泊めてあげるようなことはしないし、
同じ空間にたとえ知らない人でも男女がいれば、事に及ばないのが無理というものでしょう。
家出サイトを利用する前から、これを期待していた!というのが本当のところ。
出会い系サイトと同じような機能を考えるといいでしょうけれど、女の子のほうも、
なにも知らない男性の部屋へ行くのになにもないわけはないだろうとちゃんと覚悟しておくべきです。
いやらしい気持ちがあるがゆえに、女性の願いを叶えてあげるわけなので、女性もそこは受け入れなくてはなりません。
そうしないのならば、家出サイトも利用せず、家出自体もやめてください。
出会い系サイトですと、誰しも知っているように認知されているものがありますが、
その中でマジメなカップルが生まれていたりします。
そういう意味で、まともなお見合いとして出会い系サイトはましなところがありますけれど、
家出サイトについては会ってからぜんぜん違う条件を出されたり、やましいことは置いておいて、付き合ったりすることがあります。
どちらにせよ、下心は全開です。
普通は、利用する側にも下心があるわけです。
うまいこと利用して自宅へ滑り込もうとしているわけで、お互い様というものでしょうね。

家出少女達家出サイト体験談「本当に困っているらしい」

家出をしている女性を助けてあげたくて家出サイトを使うようになりました。
利用規約を確認したときに料金について明確ではなく、登録をしたら料金を支払わなくてはならないシステムだということが判明しました。
ポイントを買わなくては、メールを送ることもメールを開くことも出来ないサイトになっていたのです。

無料ポイントが進呈されたので、東京で家出をしているのであれば助けるという感じの書き込みをしたらかなりの数のメールが送られてきました。
メールが来た女性に、直接メールアドレスを交換して連絡をしたいと送ったのですが、携帯ではなく漫画喫茶のパソコンからメールをしているとか、パケ放題に加入していないなどといった言い訳メールばかりが送られてきました。

相手は本当ならば切羽詰っている状態なのですから、直接連絡をするようにしたほうが男性と会って泊まれたりするはずです。
それをしないのでサクラだと判断しました。
サクラなら、どうしてこのように言い訳をするのかというのも納得をすることが出来ます。

家出をしている女性というのは泊まる場所なり、お金が欲しいから家出サイトに登録をしているのです。
例えばパケ放題に入っていないのであれば家出サイトを利用しないでしょうし、漫画喫茶のパソコンを使っているのであれば、会うことになったとしても途中で連絡をすることができないということになります。
家出をしていて困っているのであればこのようなことは滅多にしないはずです。

これ以外にも女性からもメールが来たのでやり取りをして見たのですが、言い訳ばかりで無料ポイントも尽きましたので利用をするのを辞めました。

ただ次の日に家出少女からメールが送られてきたので、小額のポイントを購入してメールを返してみました。
他の女性(サクラ)とは違い、本当に家出をしている女の子のように思えました。
その女の子とはそれほど距離もなく会うことになったのですが、彼女と会うことは出来ませんでした。

サクラだったのかドタキャンだったのか、それとも携帯の充電がなくなってしまったりしたのか分かりませんが、彼女のメールは家出をしていて大変だということが良く分かるメールで締め付けられる感じになりましたね。

家出少女達家出サイトですぐに会えた体験談

無数に乱立している出会い系サイトの中でも、無料で使えてしかも即会いできるということで、今一番注目を集めているのが家出サイトです。
家出サイトを利用すると確実に会えると評判で、今では多くの人が利用しています。

そのような家出サイトを利用していた男性のTさんに、家出サイトのいいことろを教えてもらいました。

「私には付き合ってもう6年になる彼女がいるのですが、さすがに6年も付き合うと夜の営みのほうがマンネリになってしまうのです。
ですから、刺激的なセックスを求めるようになって、ケータイでいろいろ探していたときに、家出サイトを発見したのです。

今の彼女も出会い系サイトを通じて知り合ったのですが、会うまでに相当の時間メールのやり取りをして彼女の信頼を得てから、恋人関係に発展しました。

素性も知らない見ず知らずの相手ですから、そういう努力は当たり前にしなければいけないのかもしれませんが。
しかし、家出サイトは状況が全然違うんです。

そもそも、家出サイトを利用している女の子というのは、街でブラブラしているだけの子ですから、とにかく誰かに会って遊んでもらいたがっているわけです。

したがって、すぐにでも遊びに誘ってもらいたいという子ばかりですから、気に入った子に連絡を取れば、速攻返信メールをもらえて、いますぐ会おうという展開になるのが普通なんですよね。

それこそ出会い系サイトって星の数ほどありますが、家出サイトが一番楽勝な気がしますね。
即会い&即エッチが基本ですから、カワイイ女の子と手っ取り早くセックスしたいなら、家出サイトが一番いいでしょう」

家出少女達家出少女と仲良くなるのは難しくない?

家出少女が求めている事は楽しい事なのです。
なので楽しい事を経験させてあげる事が可能な人は家出少女たちと簡単に仲良くすることができます。
なぜなら彼女たちは楽しい事を求めているのでその欲求を満たしてあげられる人と仲良くなれないはずは無いのです。
ですがここで大きな問題と言うのかあります。
それは彼女達の言う楽しい事というのがあいまいな物であるということです。
家出少女にとって何が楽しい事か、それを理解しないと彼女達と仲良くなることは難しいでしょう。
それでは彼女達が求めている楽しさは一体どのような物か、それはずばり自分の居場所を感じられることだと思います。
自分にメールが来る。
と言うのは自分が相手に気にされているということなので楽しいことなのです。
自分に電話がかかってくる、これも同じ理由で楽しくんない訳がないですね。
つまり自分の存在の誰かが気にしてくれるということが家出少女にとっての楽しみを感じさせる物なのです。
自分の話を聞いてくれる、そういったことも自分でなければならないことだと思い込んで自分が話さなくてはならないのだという気持ちになってくるのですね。
なので彼女達にと手の楽しさと言うのは自分の存在がどのように評価され価値がある物なのかということ自分で認識できることと言って良いでしょう。
その下家出少女たちと仲良くチャンスがある場所があります。
それは出会い系サイトです家出少女と言うのは一人になる瞬間というのが必ずあります。
家に帰るつもりは無いけれどともだち達はみんな帰ってしまった。
そんなときに一人で何もすることがなく出会い系サイトを利用しているという家出少女もたくさんいます。
実際のところここが大きなポイントなのです。
家出少女は突然声をかけられて意気投合する、それはすなわちナンパなのですがナンパの成功率と言うのは非常に低いです。
しかし、愛系サイトではその成功率もいくらか高まるでしょう。

家出少女達家出少女達の実態

日本には、捜索願が出されているケースだけで、年間10万人の家出人がいます。
そのうち、23%が未成年者だと言われています。
つまりこの数字から計算すると、年間およそ1万人の少女が家出をしていることになります。
捜索願が出されていないケースを含めると、その数はさらに増えるわけです。
このような家出の傾向は、最近の若者に特有なものだと思われがちですが、実は家出する若者の数は、昔からそれほど変化していないのです。
一昔前は、駅構内の雑踏に埋もれて、行き場をなくした家出少女が体育座りしていたものです。
そんな哀れな少女を見かねて、親切な男性がとりあえず家に連れて帰るということも少なくありませんでした。
このように親切な男性に助けられた場合は、さしあたっての食事と宿泊所を提供され、またセックスを強要されることもなく、数日を過ごし、そして男性に説得されて帰宅するというのがお約束のパターンだったわけです。
普通の男性なら、間違いなくセックスを要求してきます。
また、もし相手が悪い男性だったら、風俗や違法な水商売の店に売り飛ばされて、裏の社会で生きていくことになります。
この状況は、現在になっても何も変わってはいません。
安価で泊まれるインターネットカフェを利用すれば、駅構内で座り込む必要もありませんし、見ず知らずの男性から声をかけられることもありません。
要するに、現代社会ではかつての駅構内の役割をインターネットが請け負っているわけです。
昔も今も家出少女は、無一文でお金に困っているということです。
身元が明らかにできないためアルバイトはできないですし、ましてや未成年者の彼女たちが会社に務めることもできません。
つまり、経済的に常に誰かに依存していなければ、生きて行けないというわけです。
無償でお金を提供してくれる人が現れたら話は別ですが、基本的にはもはや自分の体を売る以外に生きるすべがないのです。
現金を得る唯一の方法が、援助交際ということになるのです。